横浜 看護師転職

横浜で看護師転職しよう | warren-photography.com

横浜市の看護師転職状況は厳しい?

横浜の看護師転職

横浜市で看護師転職をスタートさせる前に、まずは現在の横浜市における看護師転職状況を知っておいたほうが良いかもしれません。

 

看護師の年収で見ると、横浜市は全国トップクラスです。

 

これだけ見ると、横浜市では年収の高い医療機関に転職できると思ってしまいます。

 

ただ、横浜市で働く看護師の離職率も全国トップクラスであるということを忘れてはいけないでしょう。

 

離職率が高い理由にはいろんなことが考えられるのが、真っ先に思いつくのが仕事の内容です。

 

テレビニュースなどでも報道されたことがあるためご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、ここ最近の横浜市は看護師が不足している状態が続いています。

 

つまり、看護師ひとりあたりに任せられる仕事の量が多く、ハードワークをこなさなければならないのです。

 

もしかしたら、残業や休日出勤は当たり前とされている医療機関もあるかもしれません。

 

つまり、年収が高い医療機関や休日がしっかり取れる医療機関など、待遇面が良い医療機関の求人には多数の看護師が応募すると考えられます。

 

したがって、横浜市での看護師転職は、条件を選ばなければ成功しやすい、高待遇の条件で選ぶなら厳しいといえるでしょう。

 

ちなみに、将来的に横浜市では准看護師の需要が少なくなると言われています。

 

これは、横浜市が准看護師の育成を取りやめる方針を発表したためです。

 

准看護師の資格をお持ちの方は、正看護師の資格取得へ向けて勉強を進めていたほうが将来的には安心かもしれません。

 

 

横浜市の看護師転職競争を勝ち抜くには?

横浜市の看護師転職競争を勝ち抜くためには、まずスキルアップすることが大切です。

 

横浜市でなくとも、全国の医療機関がスキルのある人材を求めています。

 

ただ毎日を過ごすのではなく、スキルアップするためにいろんな業務にチャレンジしてみたり、場合によってはセミナーや勉強会に参加してスキルを磨いておくと良いでしょう。

 

また、看護師転職サイトに会員登録することも大切です。

 

看護師転職サイトにはキャリアコンサルタントと呼ばれる転職サポートの専門家が在籍しています。

 

キャリアコンサルタントは横浜市での転職成功に必要なサポートを行ってくれますので、厳しい競争を勝ち抜くためにはもはや必須といえるでしょう。

 

看護師転職サイトのなかにはスキルアップセミナーや勉強会を開催しているところもあるため、転職しないにしても登録だけしておくと良いかもしれません。

 

ちなみに、看護師転職サイトが提供しているサービスは基本的に完全無料となっています。

 

転職サイト選びで押さえておきたいこと

 

横浜で転職先を探すにあたって、押さえておきたいことがあります。それは、同じ転職サイトに登録するのなら、お祝い金がもらえる転職サイトに登録したほうが得だということです→看護師転職お祝い金:このサイトは最高12万円もらえる看護のお仕事をはじめとして、登録するとお得な転職エージェントのサイトが掲載されています。

 

看護師さんのための”ちょっと一息コラム”驚きのニュース!

 


ジュワッと泡立つ尿…これって病気? 尿の泡立ちがあなたに伝えたいこと http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150709-00010000-mocosuku-hlth

尿が泡立つことは、誰でも何となく経験していることでしょう。

 

ただ特に男性の場合、泡が立つのがわかりやすく、気になる人が多いようですね。

 

では、なぜ泡が立つのか、深刻な病気など関係はあるのか? さっそく調べてみましょう。

 

◆正常な尿でも、泡は立つんです尿に蛋白や糖がたくさん混ざっていると尿の粘り気が増加して、尿が泡立つという現象が起きます。

 

一方、正常な尿であっても「ウロビリノーゲン」という物質が含まれていて、界面活性作用を成分として持っているので、泡を作る効果があります。

 

ですから、正常の尿でも泡立つという現象が起こる可能性はあるのです。

 

◆尿の成分って?尿の成分の90%は水分で、残りの10%は固形成分です。

 

固形成分に多く含まれているのは尿素で、他に塩分、クレアチニン、尿酸、カリウム、マグネシウム、アンモニアなどが含まれています。

 

肝臓でビリルビンが代謝され、最終的な代謝物である黄色のウロビリンが排出されたときやビタミンB2が排出されたときは、尿は黄色になります。

 

ビタミン剤を飲み過ぎても黄色に着色されます。

 

◆すぐ消える泡と、なかなか消えない泡があるキメの細かいクリーミーで、ビールの泡のような泡が立ち、それがなかなか消えない場合は、尿タンパクの影響の場合があります。

 

排泄直後の尿は、空気をふくんで泡立つことも多いのですが、大抵はすぐに消えます。

 

すぐに消える程度であれば問題ありません。

 

また、尿は濃くなると排尿中に泡立ちます。

 

脱水や水分摂取の不足、発熱などでも尿が濃くなり、泡立ちます。

 

◆病的な泡立つ尿!常に泡が立つ尿が出る、季節や運動などとは無関係に尿が泡立つ、尿の泡がなかなか消えない、泡が盛り上がるといった場合は、病的な尿であることが考えられます。

 

・原因尿の泡立ちがなかなか消えない主な原因は、「蛋白」が含まれていることです。

 

腎臓は、血液をろ過して体内の水分量を調整、老廃物などを尿として排泄する働きがあります。

 

腎臓の機能が低下すると、老廃物をろ過することができなくなり、そのため、血液中の蛋白が尿に混ざって出てくるのです。

 

・疾患の具体例腎臓の機能が低下すると、蛋白が尿に混ざって出てきます。

 

ネフローゼ症候群、腎炎、尿路感染症などが考えられます。

 

腎臓以外にも尿道、膀胱などにも原因がある可能性があります。

 

肝臓機能に問題があると、蛋白尿が出やすくなり、尿が泡立ちます。

 

脂肪肝や黄疸の出始めに尿が泡立つこともあります。

 

また、糖尿病でも尿の中に糖が排泄されるようになり、尿糖が増加すると尿の粘稠度が高くなり、尿の泡立ちが目立つようになります。

 

◆健康な人でも、泡立つ!激しい運動後や疲れているときには、尿蛋白がでることがあります。

 

また、ストレスがあったり、睡眠不足や疲労などが溜まる、不規則な生活などがあると、腎臓の機能が低下して尿蛋白が出やすくなります。

 

尿に多量の泡や細かい泡がでて消えない場合は、一般内科(腎臓内科) または泌尿器科に受診してみましょう。

 

尿が泡立つことは即、病気というより黄色信号だと思ってください。

 

日常生活を見直す必要がありますね。

 

執筆者:南部 洋子(看護師)監修医:坂本 忍

 



 

 

 



 

西内まりや「ホテルコンシェルジュ」に“時代錯誤”と厳しい声 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150710-00000006-nkgendai-ent

 絶賛売り出し中のモデルで歌手で女優の西内まりや(21)が主演を務めるTBS系ドラマ「ホテルコンシェルジュ」(火曜22時〜)。

 

外資系一流ホテルを舞台に、西内扮する新米の“よろず承り係”が、客が巻き起こすトラブルを解決していく一話完結のドラマなのだが、ま〜、ひどい。

 

 初回(7日)平均視聴率9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という数字の低さもごもっとも。

 

初っぱなから“欠陥”だらけの内容だったのだ。

 

 コラムニストの桧山珠美氏(以下同)は、「やっぱり彼女はまだ連ドラ主役は早い。

 

バカ殿(志村けん)にいじられているぐらいで十分」と、主演女優の器と演技力の未熟さを指摘する。

 

もっとも、職業ドラマとしても破綻している。

 

「視聴者が思い描くホテルのコンシェルジュの仕事内容を逸脱し、主人公が何でもかんでも首を突っ込むのはどうなのか。

 

毎回あるはずもない事件が起こるだけでも特別。

 

制作陣はもっと引いた目線で淡々と成長ドラマを描けばいい。

 

元気印の頑張り屋が空回りする主人公は時代錯誤。

 

見る側は“こんな子いない”と思うから共感できないのです。

 

おまけにNHK朝ドラ『純と愛』でホテルの社長を目指すヒロインを演じた夏菜が、今作では客室係として“下働き”させられている。

 

ケチのついた女優の痛ましい現状を突きつけられ、いたたまれなくなります……」 他の配役もミスキャストが目立つ。

 

「ホテルの総支配人(高橋克典)にしろ、何をさせても完璧という先輩コンシェルジュ(三浦翔平)にしろ、その役に見えず、ゲタを履かせすぎ。

 

どれだけ出世の早い“一流ホテル”なんでしょう」 TBSは今年1月期にも、同じ「火10」枠で女性のお仕事ドラマを手がけている。

 

セレブ病院で働く看護師たちを描いたドラマ「まっしろ」がそれ。

 

 同作品は平均視聴率5%台の大惨敗を喫し、“国民的女優”とまでいわれた主演の堀北真希(26)のキャリアに泥を塗った。

 

その後の彼女のスケジュールを“まっしろ”にしてしまったのだ。

 

新進女優、西内の“黒歴史”にならないことを祈る。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ